« 12/19 走りました。晴れ。しかし寒いよ。 | トップページ | 3/15 ニューヨークタイムズ 放射能放出は数カ月続く可能性あり »

2011年3月16日 (水)

3/16 地震と原発

このたびの地震、被災はまさかここまで、という被害の大きさで驚いています。被災された方々へは心からお見舞い申し上げます。1人でも多くの方の救出と、一日も早い復旧復興を祈ります。

原発の状況も日に日に悪化し当初は「安全です。安全です。状況を見極めて冷静に対応することが必要です。」とおっしゃっていた方々も、顔が青ざめる状況になっています。ネットにでていた3号機、4号機の写真を見ましたが、ボロボロでした。これでは格納容器が大丈夫であっても、付属しているポンプ、配管、機械、電気設備は破壊されたでしょう。

3月16日15時18分 には「北澤防衛大臣は、16日午後、記者団に対し、福島第一原子力発電所の3号機と4号機を冷却するため、アメリカ軍の放水車を利用して地上から放水が行われるという見通しを示しました。」という有様です。

火中の栗、ではなくダイナマイトを、おっかなびっくりマジックハンドでさわろうとするようなものです。こんなにも人間が制御できないのですから「平和利用」そのものが無理だ、ということでしょう。

放射能の人体への影響についてはマスコミは口をそろえて「健康には影響がないレベルです。」と報道していますが、間違いです。

これについては、小出裕章・京大原子炉実験所助教(原子核工学)が「福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールの水が失われているとすれば、原子炉内の燃料より量が多い分、2号機より危険が大きい。事態は米スリーマイルアイランド事故をはるかに超え、チェルノブイリ事故に近づいている。『人体に影響がないレベル』というが、急性障害が出るか否かだけで、人体にまったく影響がない放射能はない。・・」とコメントしています。

私もまったく同感です。放射能による人体組織を構成する原子、分子の破壊と、例えばナイフによる切り傷は全く異なります。手指を切っても人体の細胞は修復しほぼ完全に修復します。外見は傷が残りますが機能的には完全に。しかし、放射能は人体を通過する過程で原子、分子を強力に破壊します。そのため遺伝子、免疫などを破壊し根本的に生命力を奪うものです。ですから被ばくした放射能量に応じて健康破壊を受けることになります。あるレベル以下の量であれば影響はない、という見解も間違いです。どんな少量でも被ばくすれば、その量に応じた健康破壊を受けます。

福島の原発近辺に居住していた方々が新潟の避難施設まで避難してきて施設は満杯になっています。政府が「安全だ、健康に影響はない。」としか言わないため、これに疑念を持つ人々が増えているようです。私のいとこは郡山(福島原発の西方60㌔)に住んでいますが、子どもを遠方に避難させようとしています。子どもを持つ親としては当然の心配です。

今回の原発災害は、人間が扱いきれない原子核分裂反応を、「安全に」制御できる、と思いこんだことから始まっています。原子核分裂反応や反応粒子はとてもエネルギーが高いため、近くに存在する生物を内部から破壊します。また、人間の作り上げた機械、電子機器は長時間、高エネルギー・高温に耐えられるものはありません。必ず劣化が始ります。そのため、かならず人間の人力で、解体・処分しなければならない時期がやってきます。これは将来に重い負担を残すことになります。

今回の事故をきっかけに、原発が本当に必要なものかどうか考え直すことができれば、・・・・。

« 12/19 走りました。晴れ。しかし寒いよ。 | トップページ | 3/15 ニューヨークタイムズ 放射能放出は数カ月続く可能性あり »

地震・原発・環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3/16 地震と原発:

« 12/19 走りました。晴れ。しかし寒いよ。 | トップページ | 3/15 ニューヨークタイムズ 放射能放出は数カ月続く可能性あり »