« 4/30 人力バイクで小出ー柏崎を一周しました。 | トップページ | 5/22 裏磐梯に行きました。 »

2011年5月 3日 (火)

ウラン資源

原発の状況は、日がたつにつれて「楽観できない」ということが共通認識になってきたようです。
さて、エネルギー資源という意味では原子力発電の役割は、そんなに大きくない、ということはあまり報道されていません。
右の図は、世界のエネルギー資源を図にしたものです。「隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ」(小出 裕章著 創史社 2010年12月)からの引用です。

  Photo_2

これを見るとウラン資源は先が無い、ということがわかります。それより石油や天然ガスのほうが、更に石炭のほうが資源の寿命が長い。

思いだすと20年前、原子核物理学者の講義を聞いたことがあります。「ウランはもうじき枯渇するので、海に無限にある水から水素をつくり水素で核融合反応を起こして発電しましょう。」

しかし、核融合反応を制御する技術は全くと言っていいほど進んでいないようです。核融合反応とは太陽が輝く火の星となる仕組みと同じです。核分裂反応である原子力発電でさえ制御できない人類が太陽のような核融合反応を制御できるとはとても思えません。

将来のない原発、汚染を広げる原発がなぜ「国策」となるのでしょうか。なぜ多くの先進国が原発を輸出したがるのでしょうか。

理由の一つは、原発がほかの発電に比べて手間がかかりノウハウが必要でお金がかかるからです。ウランの採掘濃縮は手間がかかり、発電してる最中も危険と隣り合わせですが、発電に使った後も管理が大変です。なにしろ放出する放射能が半分に減少するまででさえ1万年必要なのですから。何十年も、いやいや何万年ですからほぼ永久に管理しなければなりません。また電力会社は企業の採算のなかで管理できません。こんなことまでやっていたら赤字になって倒産します。それで国があとの管理を引き受けることになります。つまり税金を使ってその業務を行う企業にやってもらうわけです。これが利権になります。

官僚と政治家は「国策」として推し進め、「原子力は安全だ」教育が蔓延することになります。

「国策」の推進がうまくいった成果として、高級官僚は所管企業に天下ることになります。現在の東京電力の副社長、顧問には原発推進官庁である経済産業省の高級官僚が代々天下っています。全国の電力会社には何十人と天下っています。なお、さすが賢く立ち回るようで、天下り禁止期間2年間を経過した後に天下っている。法律には抵触しません。 なんともあさましい。

それよりも、もう一度図をみましょう。外側のおおきな四角の枠は太陽から一年のうちに地球に到達するエネルギーの量です。なんと大きなことか。この事実だけでも宇宙に対する畏怖を感じます。

« 4/30 人力バイクで小出ー柏崎を一周しました。 | トップページ | 5/22 裏磐梯に行きました。 »

地震・原発・環境」カテゴリの記事

コメント

昭和の終わり、センター事務室で先日こんな講義を聴いてんです。と、核融合のお話を伺ったことを思い出しました。毎日15時になると事務室で皆でコーヒーを飲んで色々な話をしていたことを思い出します。「超電導」が流行語でした。あの頃は若かった。
先程AKB劇場のあるドンキホーテで50個999円の中古ボールを買ってきました。
4月からNHKアニメで流れている「おじゃる丸シスターズ」のCDも早く買わなくては・・・。
すみません。20年以上時が流れているのに私のレベルの低さは変わりません。

懐かし話ですね。あの頃も、(今もですが。)先のことはわからず、これでいいのか悪いのか浮島のようでした。
浮島生活が何年も続いて、ふと「安定した生活」を享受しているような感覚になります。でも相変わらず浮島かも。なんてね、・・漂流気分は治らないようです。
ま、やりたいことをやりましょう。自転車のおかげで足腰は強くなりましたが、スイングが安定してるかどうかは別ですから、どうなることやら。とりあえず、1回練習していきます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウラン資源:

« 4/30 人力バイクで小出ー柏崎を一周しました。 | トップページ | 5/22 裏磐梯に行きました。 »