« 2015PBP 8/12-8/23 その2 | トップページ | 2017北海道キャンプ旅行 7/7-7/14 その1 »

2015年8月30日 (日)

2015PBP 8/12-8/23 その3

マズイ・・かなり痛い・・。今まで寝てたのに寝れないくらい痛い。(えっ??なんじゃそりゃ。)

・・・とその前に、
 220地点のVillaines-la-Juhelでは「ペンギン散歩」のお二人にお会いしました。体調不良でDNFだそうです。私と違って完走を目指していたんですから、(いやいや、私以外は最初っから完走を目指してるんです。それが普通。)さぞかし残念のことと思います。
 帰宅直行バスの今日の空きはないんですが、ちらほらDNFの方が増えてるのでワゴンタクシーなんかが手配できたら私も同乗して、私の直行バスの席に他の人に乗ってもらおうかな、なんてことも考えましたが、ワゴンタクシーは無いらしい。
 お二人は明日の午前中の直行バスで帰ることに決めましたので、私は当初予定どおり午後の直行バスで帰りました。

そうやって帰ってきたホテルのベッドの上で目の痛さで目が覚めた。
 旅行保険会社に電話するとタクシーでパリの病院へ行け、と言うのでホテルフロントでタクシーお願い、と言うと「今、タクシーは無いよ。」
スマホで翻訳して「結膜炎なんです。」 「そこに座ってなさい。来るから。」
なんか来ることになったらしい。
 到着してみたら救急車でした。日本のより大きい。宅急便配達車なみ。
 救急隊員「パリには行かないよ。ベルサイユの病院に行きます。オーケー?」 私「オーケー」
 電気イスみたいた椅子に座ってシートベルト。
 病院到着。救急隊員「私たちは帰るけど、いいですか?」 「はい。メルシー。」
 診察してくれたお医者さんは20代くらいの女医さん。アラブ系? 細かい質問だったので旅行保険の方をスマホでお願いして通訳してもらいました。
結局 「治療は無しよ。薬がでたらちゃんと点眼してね。」 美人でかわいい方でした。
細かい指示と処方薬の受け取りがわからなかったので再度、旅行保険の方を呼び出して通訳してもらいました。

終わってみれば午前4時。あとは帰るのみ。でもベルサイユなんだよね。・・帰りますか。目以外は故障してないもんね。ということでスマホのグーグル地図でナビしてもらって夜の道を歩きました。予測所要時間2時間。グーグルナビは最短を案内します。歩道のない道も案内します。距離は近いんだけどね。
夜のベルサイユ宮殿を見ました。人のいない石畳の街路は良かったです。

ホテルに着いても朝7時。薬局の開く9時まで辛抱しないといけません。
朝9時、近所の薬局に行きますと30前後の薬剤師の女性。一見、ベトナム出身? 「保険で支払う手続きをしますか?」 控えめでやさしい声と配慮がうれしかったです。あとで保険手続きで書類足りないなんてトラブルとなると迷惑になるので 「私が払います。あとで保険会社に請求します。」 「そうしますか? じゃそうしましょう。」 念のため、点眼薬を口にたらすマネをしたら、笑顔で(イエイエ チガイマスヨ。メニタラスンデスヨ) とのこと。なんだか胸のうちがじんわりします。
点眼薬をホテルで点眼してひと安心して寝ました。起きて点眼してパンを食べては寝ました。それを何度か繰り返すと翌日です。もう違和感があるだけまで回復しました。ホテルの方にも感謝、救急隊員にも、女医さんにも、薬剤師にも感謝です。
では、ということで今日8/19日から観光です。201508182_p8200542

8/19から8/22のフランス出国の日まで観光してました。日本で事前に2階建て観光パス2日間乗り放題バス券とパリ美術館見放題2日間券「パリミュージアムパス」を購入しておきましたが、途中でバス2日間券と美術館2日間券をもう一回買って美術館めぐりをしてました。セーヌ川遊覧クルーズにも乗りました。観光パス券は運転手に言えば買えますし、パリミュージアムパスはたいていの美術館で買えます。
土日は観光客でバスが混んでパスがなかなか進まないので観光パス利用は平日限定がいいようです。ピカソ美術館は土曜の午後は入場制限でした。でもほかは行列に並ぶこともなく、オルセイ、オランジュリィ、ピカソ、ポンピドー(パリ近代美術館)、モロー美術館を巡りました。だいたい2度は行きました。ルーブルは昼食とトイレに寄っただけで中には入りませんでした。現代人にわかりやすくおもしろいのは印象派前後の絵だと思います。古典(ルーブルとか)は見ても・・・んーーーー・・・という感じなので見なかったです。一番鑑賞する人密度が高かったのはゴッホでした。
エッフェル塔、ノートルダム寺院は何度か通過しただけ。やっぱり行列は長かったよ。20150818p8220612

窃盗らしき人には2度遭遇。オランジュリィ美術館を出たコンコルド広場で「ユニセフの署名お願いできませんか?」と少年。小学生のような女の子2人も署名用紙をもって囲んできます。いかにも何かを狙ってるような奇妙な組み合わせです。小走りで遠ざかりました。もう一回はエッフェル塔近く。「署名お願いできませんか?ジャポネ?」 と小学生のような女の子1人。ジャポネだからお願いするなら怪しいよねえ。私がウンザリとあきれた顔してたらうつむいて遠ざかって行きました。少し悲しかったな。少女も悲しかったかな。

ポンピドーの近くのアジア料理店(Le Mandarin de Rambuteau 中国、ベトナム、タイ料理らしい。)は格別おいしかったです。フランスで米を食べたのはここだけだった。

PBPで走った田舎にはフランス人以外は見なかったけど、パリや近郊には黒人、イスラム、インド、中国、ベトナムなど普通に住んでます。テレビで見ていた人種問題をじかに見てる感じ。それに単純労働者は有色人種が多かったと思います。観光地で自撮り棒やエッフェル塔ミニチュアを売り歩いてるのは黒人だけでした。

でもホテルの受付の男女の黒人はニッコリとして善良さが感じられました。
ホテルの近隣は高級住宅街ではなく5階?建て程度の集合住宅が多かった。いわゆる低所得者層の住む界隈。私はよく夕食材料を買いにその界隈のスーパーに行きました。
スーパーのレジに並ぶと、品物を置くところがベルトコンベアーになっていて、買い物カゴから取り出して品物をベルトコンベアーに並べます。カゴはレジ手前の床に置いておきます。次の人がならぶと前の人は境目を示す板、四角柱の金属棒に透明プラスチック板が差し込まれるようになっていて、それを客が手にとって自分の品物の後ろに置くと、次に並んだ人の品物との境目になるのです。
私は何回目かのレジでそうしたことを学習して、自分でプラスチック板を手にとって後ろの人の品物との境目に置こうとしたら、プラスチック板だけが持ち上がり下の金属棒が置いてある場所に残ってしまいました。
私は下の金属棒が抜け落ちたプラスチック板をほんの少し眺めていましたら、それを見ていた後ろのベール姿のイスラム女性が「プッ」と吹きして笑ったのです。私も「プッ」と笑ってしまいました。人種、信仰が異なっても笑えるポイントが同じなんだね、となにかが通じた感覚を持ちました。

というわけで、美術館巡りを楽しんだPBP旅行でした。

語学について。
「every day english」の入門シリーズCD6枚組を数カ月、時々聞いてました。通勤の自動車の中で聞き流し。ゆっくりなら英語を聞き取れるようになります。あちらの人たちの通常スピードの会話は部分がわかる程度。単純なお願いなら英語を話せるようになりますし、あちらの発音ができるようになります。ようするにあちらの発音で慣れることですね。聞き取りたいと思って聞くとわかるようになるし、通じると思って話すと通じると思います。語彙数を増やすといいです。私は乏しかったな。


店で頼むと大量に出てくるけど600円程度必要。スーパーで安く買ってバッグに入れとくと節約になります。
ホテルでポロシャツを何回か洗濯しましたが、フランスのお湯は石鹸をつけても泡立ちません。汗が抜ければいいということで洗ってました。

食事
スーパーでパン、チーズ、ハム、牛乳、トマトを買ってサンドイッチにして毎晩食べてました。外ではサンドイッチとコカが安めかな。運よくアジア系の料理店が見つけられればゴハンがあるので落ち着くでしょう。

ファッション
パリを歩いていて、人々が服をおしゃれに着ているな、と思ったことは日に何度もあったけど、「ファッションの流行」は全く感じなかった。思えば日本人は同族と同じかどうか、同族からはみ出ていないか、ということは気にするけど、自分らしさは二の次なんですね。同族と同じにして安心する人が多いので「流行」が生まれる。パリで思いました。もしかすると同族と同じであれば、自分らしさは考え無くてもいいんだろうな。最近はやたらと「絆」という単語があふれていますが、「絆」という単語が流行するのは日本ならでは、かもしれません。

« 2015PBP 8/12-8/23 その2 | トップページ | 2017北海道キャンプ旅行 7/7-7/14 その1 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ほかりん さんへ。

お体はいかがですか。
窃盗団の記事、参考にしてね。

ありがとうございます。とても参考になります。救急車で運ばれたり色々大変だったのですね。すみません。全く知りませんでした。お体の調子は大丈夫でしょうか?ご自愛願います。私はイタリアもフランスも終活として始めたのですがフランスはこれからなのでわかりませんがイタリアは正直死ぬまでにもう一度行きたいなぁ~と思っています。ローマをのんびり5日間くらい歩き回りたいです。無理かなぁ~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015PBP 8/12-8/23 その3:

« 2015PBP 8/12-8/23 その2 | トップページ | 2017北海道キャンプ旅行 7/7-7/14 その1 »