« 2017北海道キャンプ旅行 7/7-7/14 その5 | トップページ | 秋。 »

2017年8月 6日 (日)

2017北海道キャンプ旅行 7/7-7/14 その6

 あのダニに喰いつかれた日から3週間経ちました。感染症の潜伏期間は3週間程度が多いのですが中には16週間というのもありますので、完全には安心できません。16週間といったら4カ月じゃないですか。忘れたころに発病なんてイヤだなあ。
 喰い跡は、まだ残っています。蚊に喰われますと2~3日程度で消えるのと比較すると、ダニは様々な未経験の細菌を体内に持っているのでしょう。
 食いついている最中は痒くも痛くもないけど、ダニを除去してから1週間程度少し痛みを感じていましたから、蚊、アブ、ブヨとは異なる生物なんだと思います。

7-13(木) 「星に手の届く丘キャンプ場」の朝です。4:00
今日はいよいよ北海道を離れる日です。Dsc01487_713400
草むらやテントに夜露が降りています。バシャバシャと言った感じです。
昨日のうちにターフは畳んでおきました。テントを畳みます。なるべく物音を立てないように最小の動作で撤収します。トランクを閉めて「カチ」、ドアを開けて「ガチャ」、締めて「バタン」、エンジンをかけて「ブルルン」、バックして「ブルルルル」、前進して「ブーーーー」 けっこう音が出ますね。




Dsc01494_713





キャンプ場を出たところで停止して、これからの道順を考えDsc01516_713ます。
富良野平野を閉ざす霧を眼下にみてゆるゆる進みます。
山々の間から朝日が昇ってきます。谷の間に漂う霧の中で光が散乱します。

十勝岳望岳台防災シェルターに行きました。

美瑛の丘のあDsc01521ちらこちらを巡りました。
マイルドセブンの丘、ケンとメリーの木、セブンスターの木、親子の木 駐車場ができているところもありました。
駐車場ってどうなんでしょうね。美瑛の丘をめぐるのは2回目になりますけど、全体の景色がいいと思います。ゆるやかで広大な丘陵地の畑、畑を区切る木々、ところどころに家並。1本の木だけ見てもどうということもない普通の木ですけど、広大な風景の中にあるとアクセントになってますね。自転車なんかでのんびりめぐるのがいいと思います。

その後、四季彩の丘、三愛の丘

富良野を去る前に「ファーム富田」 ラベンダーが満開。香りが満ち満ちています。Dsc01527_713

昼頃は支笏湖の駒の湯温泉に行きました。源泉かけ流し。

午後3時、苫小牧東港に到着。本日の走行326キロ
案内係のおじさんは「早すぎるよ。あちらとか行って来たらどう?」
確かにまだ4時間ある。
行きました。義経神社 源義経ゆかりの神社らしいです。距離35㌔。帰りに道の駅で鮭親子丼を頂きました。

苫小牧東港19:30発 Dsc01545_713



風呂にはいってすぐ就寝。

7-14(金)

新潟港15:30着

振り返って一番の思い出は「ダニ」 まだ喰い跡が残ってます。

« 2017北海道キャンプ旅行 7/7-7/14 その5 | トップページ | 秋。 »

ロードスター」カテゴリの記事

コメント

ほかりんさんへ

沢山コメントありがとうございます。
このブログはほとんど自分しか見ない個人旅行アルバム化してますね。何年か経ったらまた見たいなと思って保存したいなとソフトを探したらコンプリートゲッターなるソフトがあるそうで、まだやってませんが、dvdに保存しておきたいと思います。だんだん記憶がなくなるでしょうから。
 パリとかハワイとかイタリアとかうらやましい。私が旅行するとなると今2匹いる犬はどうするんだ、と問題になります。預けるとしても丁寧に散歩してくれる犬ホテル(あるいは動物病院)はほとんどありませんし、奥さんは体力がないので犬の散歩は嫌がります。
 ゴルフ、しばらくやってません。左手中指の捻挫は実は深刻だったようでまだ完治してません。あと3カ月かな。
右腕の肉離れがありますから半年くらい無理だな。
 最近ロードスターの乗り心地がシンドイと思っていたところ、マツダでまつだカスタマイズのオートエグゼのコーナーに本店から人が来ていて、乗り心地を相談したら、「走行7万キロだとダンパーが抜けてると思います。バンプストッパーで受けてる状態でしょうね。」 シンドイのもなるほどの乗り心地でしたね。
そこでビルシュタインより柔かだというオートエグゼのサスを発注しました。納期は1~2か月かな?? だそうです。お金かかるなあーーー。
 抜けきったサスで北海道走りましたが、北海道は広いわりに人口少ないので道路は荒れてないので気にならなかったです。本州の道は今の🚗の状態だとキツイなあ。
 一眼レフ、いいですね。ところで一眼レフなみ画質のミラーレスってどうなんでしょうね。一眼レフなみということだからやっぱり一眼レフには画質で届かないんでしょうね。
 新しい買い物としては、北海道行く前にカランダッシュの水彩色鉛筆買いました。今日はホルベインの水彩絵具買いました。たまに絵を描いてみようかと。一種の「膳」かもしれません。時間を忘れますから。うまくできたらブログに載せようかな。

ではパリ、行ってらっしゃいませ。行けば楽しいですよ。

すみませんお返事気がつくのが遅れました。

私のわがままになりますが
小春MAX様には是非次回の買い替え時にMercedesの試乗をお勧めしたいです。
CROWNやレクサスにはないドッシリ感あります。
私はBMWとかアウディでこのドッシリ感を体感できませんでした。
あと
Sモードだとめちゃくちゃ加速します(86やスバル300馬力は少しトロイと思います)
でも
エコモードだと とてもまったりと走ります。

一眼レフは
35mmのフルサイズ機とAPS-C機ではセンサーの大きさが違います。
当然センサーの大きいフルサイズ機が画質はすぐれています。
あとはEVFかOVFか。(ソニーは一眼レフでもEVFらしいです)
ミラーレス一眼は手軽さだけだと私は思います。
望遠やマクロにハマることがなければ
そもそも一眼レフはこれからの時代は不要なのかもしれません。
私のメイン機は今でもiPhone7Plusです。

画質は最近は何でも綺麗だと思います。(たぶん各社みんなソニーのセンサー使ってます)
最近の私のこだわりは画質よりもISO感度でしょうか?
確かに画像エンジンが新しいとノイズが処理できていて
後日自宅のパソコンで拡大してもものすごく綺麗です。
世界最小とか10万とか15万の安いAPS-C一眼レフなら簡単に撮れるキャノンがおすすめですが
フルサイズなら間違いなくニコンです。

カランダッシュの水彩色鉛筆 素晴らしいです。
30年前に小春MAX様の絵を拝見したことがあります。
小春MAX様は昔からセンスがあるので本当にうらやましいといつも思います。
是非 ブログに載せていただきたいと思います。
楽しみにしております。

それではParisに修行に行ってまいります。 とほほ。

ほかりんさんへ

自動車は楽しさを優先したいので「ドッシリ」とは両立しないのでは、と思います。仕事車はスイフトスポーツですが「軽い」車です。1600㏄で1000㌔台ですが、新型ロードスターが1500㏄で1000㌔台なんで新型ロードスターよりもスイフトの加速が速いです。2000㏄で1000㌔台のロードスターだったらもっと売れただろうと思います。
しかしベンツは機会があれば試乗してみたいけど、試乗だけさせてくれるんですかね?

老後は何も計画がないですなあ。足が動かなくなった時に絵でも描いていようか、くらい。過去に撮った写真を眺めましょうか。うちの親はベッド生活になってから数カ月も患っていませんでしたから、私からすると理想的でした。福祉関係の人に老後を聞きますと、足が動く生活をしていって動かなくなったらバッタリ死ぬ、というのが理想というのが多いかも。特養なんかで暮らしたくない、とか。
そうねえ。人生の価値って周囲から見てもわかりませんねえ。周囲の人にとって役立った人間かどうかというのは測れますけど、周囲に役立った人間だったとしても自分にとってどうかはまた別ですし。主観的なものはもともとあるような、ないような。カゲロウのようかもしれませんねえ。

無駄でもどうでも思いついたことを今、やるのがいいのでは、と最近思います。

本日から会社です
ポルト・マイヨ駅から毎朝地下鉄に乗り毎日10キロ以上Paris中心部を歩きまわりました。
雨も少し降りましたが基本的に晴れたのでかなり日焼けしました。
最終日はヘロヘロでボンマルシェで開店から夜の出発まで過ごしました。
出国時にサクラテラスでカレーを食いすぎて失敗しましたが
帰国時には地下のエールフランスでシャンパンを飲みすぎで失敗。
貧乏人なので食べ放題飲み放題だと必ず無茶してしまいます。
JRもグランクラスができてからグリーンも一般化したみたいですが
次回は無理してJALパックでParisに着たいと思いました。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017北海道キャンプ旅行 7/7-7/14 その6:

« 2017北海道キャンプ旅行 7/7-7/14 その5 | トップページ | 秋。 »